この記事は……。

  • 1年を通して紫外線に強い肌にしたい
  • シミ・シワ・くすみなどとは無縁な肌にしたい
  • メラニンの生成を抑えたい

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

知っていましたか?紫外線は一年中照射されているんです。

紫外線が最も多い時期は5月から8月です。ただ、体が一番過ごしやすくなる9から、月の秋でも紫外線量は夏とそこまで変わらないという事実はご存知でしょうか?1年間の紫外線の量ってどのくらいあるのか?また、曇りや雨が降っている日でも紫外線のUV-AとUV-B ともに割と多く紫外線がたくさん降り注いで肌にダメージを与えているですね。晴れ渡った気持ちのいい秋晴れの日もあれば台風や秋の長い雨もある日も肌の感覚に騙されてしまうと紫外線対策を怠って日焼けしてしまったりシミが出てしまったり後々苦労することがたくさんあります。だから自分の肌の温度感覚に惑わされないように紫外線対策をしっかりとしていきましょう。紫外線がどのようにお肌に悪影響を与えているの?UV-A と UV-B の違いUV-Aこれは生活紫外線と呼ばれています。 new line この UV-A は地表に届く紫外線の9割を占めているくらい重要な紫外線です。

 

光の波長が長くて、厚い雲でもガラスでも通り過ぎてしまうので曇りの日だから紫外線対策はしなくてもいいか。と思っている人は要注意です。これはお肌の真皮にまで達するくらい強烈な光です。

 

これによってお肌に刺激を受けてしまうと、その肌はハリやキメを失って老化を招きます。これによって肌を黒くするメラニンが合成発生してしまうので放っておくと、肌が黒々として行ったり、しわやたるみの原因にもなるのが UV-A です。肌に炎症を起こす UV-Bこちらはレジャー紫外線と呼ばれることもあります。由来これを肌に浴びると肌は炎症が起きてしまいます。由来こちらは UV-A と違って地表に降り注ぐ紫外線の約1割しかありませんが、油断してはいけません。この UV-B は肌にとても強い影響力を持っていて、細胞にダメージを与え火傷を起こしたりさせます。
スルト肌が赤くなってしまい、メラニンが沈着してシミやそばかすにもなってしまいます。
日焼けによってより一層乾燥してしまう乾燥肌紫外線を肌に浴びていると、原田刺激から守るぞと防衛本能を働き肌に余分な角質を溜め込んでしまいます。

 

このような状態を続けていくと肌は炎症を起こし、ゴワゴワしたりザラザラしたりコメドができたりなどなど悪いことがたくさん起きてしまいます。そしてこのような肌は乾燥し、くすみがひどくなることも特徴的です。乾燥して水分がない皮膚はバリア機能を低下させてしまいます。普段は正常な状態であれば乾燥した空気や埃や花粉などなど様々な外部の刺激を守ってくれますが、

 

バリア機能が低下し乾燥した肌になってしまうと角質層に隙間ができてしまいそう、水分が外に出やすくなってしまい、外部からの刺激やダメージをとても行きやすくなってしまいます。この状態が続くと前述したシミやハリの低下、くすみ・にきびの原因になってしまいます。

 

光によって肌は老化してしまう?

日焼けをするとお肌の内部では老化現象通称光老化が進んでいます。これによってメラノサイトが活発化して肌を徐々に浅黒くなっていきます。具体的にはお肌の弾力やハリとキメなどを守っているコラーゲンが壊れやすくなってしまうのです。これによって、コラーゲンが少なくなると肌はダルンダルンとたるんでしまい傷ついたコラーゲンによってシワができてしまいます。このようなダメージを受ける前に紫外線対策として日々スキンケアが重要になっていきます。

 

 

紫外線にまけない肌をつくることが根本的な解決

紫外線はクリームやスプレーを塗ったりと、
その場その場で防ぐ対策が目立ちがちですが、
そもそも外部からの刺激を防ぐ【バリア機能】が働く肌にすることが先決です。

 

紫外線に負けない強い肌が基本じゃないといくら日焼止めをぬったところで効果が半減してしまいます。
そこで私がオススメしたいのが最戦隊の半導体技術によって、
角質のその奥まで浸透する『スチーム水』を配合し、
肌を整える効果が強いビタミンC誘導体を含んだvcスキンジェルです!

 

vcスキンジェルの効果や特徴

まずvcスキンジェルのすごいところは成分のうち99%が美容成分なところ!
肌に嬉しい成分を高濃度に配合しているので、
キメ・ハリ・皮脂よごれ・くすみなど様々な肌トラブルに対応できます!
では詳しく解説していきますね♪

 

vcスキンジェルは「5種類のビタミンC誘導体とビタミンE」配合

vcスキンジェルは進化型ビタミンC誘導体が入っているので、
以下の役割を期待できます。

ビタミンC誘導体の役割は?

  • 整肌効果
  • 透明肌アプローチ
  • ハリ感・ツヤ感をもたらす効果
  • キメを整える効果
  • つまりにくい肌作り
  • Tゾーンさらり保湿

 

vcスキンジェルは「半導体最先端技術を使って製造した【スチーム水】」を使用

特殊な技術によって極細な分子構造をしたスチーム水も配合しています。

スチーム水の効果とは?

  • 分子構造がとても小さいので、成分を角質層の深くまで届けることができる!
  • 物質を乳化させる力がある

 

vcスキンジェルは「お肌をマイナス方向に引っ張る成分を全て不使用」

  • パラベン
  • エタノール
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • 乳化剤(敏感肌には嬉しい!)
  • 合成香料
  • 合成着色料不使用

 

vcスキンジェルはこんな効果を期待できる!

  • バリア効果を高める
  • きめ細かい透明肌
  • ハリのあるうるおいふっくら肌
  • ザラ付きにくい(コメドができにくい)強い肌
  • お手元のスキンケア商品と組み合わせてもいい
  • お肌の自力を高める

 

 

vcスキンジェルの申込方法

vcスキンジェルはこちらのリンクより公式サイトよりアクセスできます!↓↓

 

秋から冬の日焼け対策

紫外線は主に肌に当たっている肌に紫外線対策をすればいいんじゃないか?
と思いがちですが実は髪や頭皮そして目にもあたっていることはあまり意識をしていない人が多いんじゃないでしょうか。

 

これらを上手に予防する対策をご説明しますね。
10月に入ると気温や湿度が下がり肌から抜け出す水分は一気に増えていきます。さらにこの時期は紫外線の量は夏と比べ多少低下していますが、メラニンの量は夏に受けたものをそのままキープしていきます。メラニンが潜伏したそして蓄積された状態で秋を迎えると湿度が下がってしまい肌が乾燥してより一層しみやしわなどの原因になってしまいます。本来メラニンは肌を守るために大事な存在です。ただこれが過剰に蓄積されてしまうとかさつきやごわつき血色の悪いくすみができてしまいます。

 

日焼け止めは塗り直しをしっかりしましょう肌が出ているところは日焼け止めを塗ってしっかりと対策をします。これは夏場冬場同じで外に出ている方は3時間おきに塗り直しを行いましょう。帽子をつけることで紫外線対策をする髪の毛に日焼け止めクリームを塗ることは難しいので、スプレータイプの日焼け止めで予防したり帽子をかぶることをお勧めします。また帽子は紫外線よけとして UV カットと書いてあるものを選ぶととても良いです。目の対策としてサングラスをかけよう眼球に強い UV が照射されると、痛みや充血といった現象が起きてしまいます。
だから外出の際は UV カットされたサングラスを掛けておきましょう。入来身の回り肌と一緒に紫外線対策をすることで今後の肌環境や外見上の年齢が決まってきます。

 

 

紫外線まとめ

紫外線の基本的な知識や対策等をご説明いたしました。紫外線は屋内にても浴びる可能性が結構あるので油断は禁物です。しかし日常生活で紫外線を全て避けるのは不可能です。だからこそなるべく紫外線を浴びないよう対策をすることが最も重要なことになります。帽子をかぶる日傘をさす長袖の服を着るサングラスをかけ・日焼け止めクリーム・スプレーを付ける。などなど出来る限りのことをして紫外線からお肌を守りましょう。そして このような対策とあわせて、vcスキンジェルを毎日つけることで乾燥に強い肌、適切な皮脂が出る肌、ハリキメが目立つ肌にしていくことができます。
さらに今ならお得な割引キャンペーン中です!この機会を逃さない内にチェックしておきましょう!

 

紫外線ケア ルール

海や山など紫外線の強いところに行くときは、からだの内外から徹底ケア。
効果の高い日焼け止めを選び厚めに、こまめに塗り直す
海や山など紫外線が強いところに行くときや、レジャーなどで一日中外にいるような日には、ノンケミカルにこだわら ず、SPFI、PA+++程度のUVカット効果の高いものを選ぶとよいでしょう。必要であれば、ウォータープルーフタ イプを使いましょう。厚めにしっかり塗り、汗や水で日焼け止めが落ちてしまったら、塗り直すようにしましょう。 ただし、肌の弱い人は、数値の高い日焼け止めを塗るとかぶれてしまうことがあります。

 

出かける2週間前からビタミンCを摂るようにする

日焼けはシミの大きな原因ですが、シミをできにくくするためには、ビタミンCを積極的に摂取するのが効果的です。ビ タミンCには抗酸化力があり、紫外線に対する抵抗力をつけることができるのです。もし、レ ジャーなどで出かける日がわかっているのであれば、2週間ほど前からビタミンCを多めに摂るようにするとよいでしょ う。
ビタミンCはサプリメントでの摂取が便利ですが、からだへの吸収率は、天然のものから摂取した場合のほうが高くなり ます。ビタミンCは、野菜やお茶から摂るようにしましょう。
こんな場所ではとくに紫外線に注意!
夏の海 夏の海紫外線量は春先ごろから増え始め、6~7月にピークに。砂浜や水面は紫外線の反射もあるので、より注意が必要。
山の上 標高の高い山の上は、紫外線量も多くなります。涼しくても油断は禁物。
雪上 新雪は8%の紫外線を反射するというデータがあります。スキー場などはもっとも注意が必要です。

 

紫外線ケア ルール2

生理前や妊娠中、ストレスがたまっているときはとくに注意する。
生理前、妊娠中は紫外線ダメージを受けやすい
女性のからだは、生理周期によってホルモンバランスが変わっていきますが(→生理周期と肌の状態)、毎月の生理前に 訪れる「黄体期」には、紫外線感受性が高まります。ふだんよりも紫外線に敏感になり、日焼けしやすくなるので、とくに 念入りなUV対策が必要です。
黄体期は、排卵から生理が始まるまで続きます。また妊娠中も同様に、ホルモンの影響で紫外線感受性が高まります。 ただし、妊娠中にシミができやすくなるのは、ホルモンのせいだけではないようです。体調がすっきりしないためにスキ ンケアがおざなりになったり、仕事に行かないからとノーメイクで過ごしたりということも原因に。最低限外出時に、ファ ンデーションだけは塗りましょう。

 

更新履歴